スポンサーリンク




【小物を使う】

日傘が黒なのはなぜ?薄い色だとダメ?黒い日傘がおすすめの理由

投稿日:2021年6月17日 更新日:

 

 

日差しが強い季節になると、「紫外線」が気になりますよね。

 

紫外線は、シミやくすみ、シワたるみなど、様々な肌悩みを引き起こすといわれています。

 

日焼け止めクリームや帽子など、様々な紫外線対策グッズがありますが、その中でも「日傘」は、パッと開くだけで紫外線から身を守ることができます。

 

手軽で快適な紫外線対策グッズの1つです。

 

日傘売り場を訪れ、

 

「夏のファッションは明るい色が多いのに、日傘は黒色ばっかり!どうして?」

 

と、疑問に思ったことはありませんか?

 

今回は、黒色の日傘が多い理由と、紫外線対策に効果的な日傘の選び方をご紹介します!

 

日傘の色が黒い理由はこれ!

黒色の日傘が多い理由は、

「黒色の方が紫外線カット効果にすぐれているから」です。

 

 

これには、光の性質の違いが関係しています。

 

白色は、光を反射していることで白く見えています。

黒色は、光を吸収するため黒く見えています。

 

このことから、

白色の日傘は、光を反射して紫外線を防ぐ

黒色の日傘は、光を吸収することで紫外線を防ぐ

 

というように、色によって紫外線の防ぎ方が変わります。

 

ここで1つの疑問が浮かびませんか?

 

「紫外線を吸収する黒色より、紫外線を反射する白色の方が紫外線を防いでくれそうだけど・・」

 

白色の日傘であっても、すべての紫外線を反射させることはできず、繊維の隙間などから紫外線が入ってきます。

 

黒色の日傘も同じで、すべての紫外線を吸収しているわけではないのですが、白よりも黒の方が紫外線をカットしている割合が高くなります。

 

加えて、地面からの照り返しや、空気中のちりほこりに当たって乱反射したりなど、紫外線は四方八方から肌に降り注いでいます。

 

この、照り返しや乱反射で肌に当たる紫外線を、より防いでくれるのが黒色の日傘なのです。

 

白色だと、傘の内側で紫外線が反射してお肌に当たってしまいます。

それに対して黒色の日傘は、傘の内側で紫外線を吸収して、お肌に当たるのを防いでくれます。

 

そのため、黒色の日傘の方が紫外線から肌を守れるのです。

 

日傘が薄い色だと効果が減少してしまう?

 

「白やパステルカラーなど、薄い色が好きなのに・・」、

「夏らしくて爽やかなデザインがいいけど・・」と心配に思った方も大丈夫です。

 

薄い色の日傘だからといって、効果が減少してしまうとは一概にはいえません。

 

その理由は、色だけで紫外線を完全にカットすることは難しく、紫外線カット効果の高い日傘を選ぶことが重要になるからです。

 

薄い色であっても、紫外線カット加工のパーセンテージが高ければ、紫外線防止効果は期待できますので、安心してくださいね。

 

また、紫外線からお肌を守るために何より大切になるのが、「真夏以外でも、曇りの日でも、日傘を差す」ことです。

 

紫外線量に差があるとはいえ、紫外線は1年中降り注いでいて、特に4月頃からはグッと増え始めます。

 

曇りの日でも晴れの日の80%程度の紫外線が降り注いでいるといわれているため、油断することなく紫外線対策を行うのがとても大切です。

 

お気に入りの日傘だと、忘れることなく日傘を差す習慣が自然と身につきますよね。

 

・紫外線カット効果が高いもの

・内側は、黒色

・毎日使いたくなるお気に入りのデザイン

 

この3つのポイントを念頭に置いて日傘を選ぶのがおすすめです。

 

 

 

なお、紫外線カット効果を維持できるのは、平均して1〜2年ほどと言われています。

 

意外に短いと感じませんか?

 

いつでもどこにでも持ち歩きたくなるお気に入りの日傘を買って、1〜2年ほどで買い換えると、効果的に日傘を使い続けることができますよ。

 

まとめ

 

黒色の日傘が多い理由には、光の性質が関係しています。

 

白色は光を反射させて紫外線を防ぎ、黒色は光を吸収して紫外線を防ぎます。

 

どちらもすべての紫外線を防ぐことはできないのですが、黒色のほうが紫外線をカットしている割合が高くなります。

 

このことから、より紫外線を防ぎやすい「黒色」が、日傘においては主流なのです。

 

とはいえ、日傘を選ぶ際には色以外も重要です。

 

薄い色であっても、紫外線カット効果の高い日傘であればしっかりと紫外線からお肌を守ってくれます。

 

そして、外側の色以上に内側の色が重要です。

 

内側が黒色の日傘は、地面からの照り返しや空気中のちりほこりなどからの乱反射によってお肌に当たる紫外線から守ってくれます。

 

たくさん並んでいる日傘から、お気に入りのものを見つけるのは楽しみでもあり、少し面倒に感じる方もいるかもしれません。

 

それでも、日傘はこだわって選んでください!

 

気に入らない日傘だと、日傘を差すたびにテンションが下がってしまい、日傘を差す頻度が下がってしまう・・ということも起こりえます。

 

・紫外線カット効果が高いもの

・内側は、黒色

・毎日使いたくなるお気に入りのデザイン

 

この3つのポイントを基準に選んだお気に入りの日傘で、紫外線からしっかりお肌を守ってくださいね。

 

 

スポンサーリンク





-【小物を使う】

Copyright© 骨格診断ナチュラル×イエベ春 似合うおしゃれに出会うファッション街道 , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.