スポンサーリンク




■コーディネート2020

黒の襟付きシャツのコーディネートと骨格ナチュラルに似合うマーメイドスカート

投稿日:2020年10月21日 更新日:

2019年9月に購入したGUのロングシャツチュニックを2020年も活用!

GUのロングシャツチュニックというなの、いわゆる黒の襟付きシャツ。カジュアルにもキレイめにも使え、とても重宝しています。着回しコーデをいくつかご紹介しますね^^

 

 

GUロングシャツチュニック着回しコーデ

 

 

①デニムでカジュアルコーデ(左)

子どもとのキャンプに着ていったコーデです。

Tシャツ+動きやすい細身のデニム。

9月半ばだったので、夕方は寒いだろうと思って羽織ったのがこのシャツでした。

細身のパンツは、パツンパツン感が気になるので、なるべくロング丈のトップスと合わせたいというのもありました。

白のTシャツと明るめカラーのデニムと合わせたので、黒が重くならないようにしています。

 

②プリーツパンツでキレイめコーデ(真ん中)

このプリーツパンツは2018年に買ったもの。まだまだ現役ではきたいお気に入りの1枚^^キャメルカラーと合わせたので、黒が重くならない配色です。

すとんとしたボトムスとの横から見たバランスがとってもキレイで好き^^チャンキーヒールパンプスと合わせてキレイめに合わせました。

 

③レオパードのマーメイドスカートでキレイめコーデ(右)

このスカートはマーメイドスカートです。

実はマーメイドスカートはあまり得意ではありません。骨格ナチュラル的に、です。

それを証明しようと思って、写真か動画にするためのマーメイドスカートをメルカリで購入しました。ところが、似合ってしまった・・・・!!

この記事のシャツからは少し脱線しますが、解説を少し。

骨格ナチュラルが苦手だと思っていたマーメイドスカートが似合ってしまった理由は、『柄』です!!

無地だと、どうしても腰骨等が目立ってしまって、マーメイドスカートの本来の魅力としての「色気」を出すことができません。ところが、柄の入ったプリントマーメイドスカートだと、柄が腰骨などをカモフラージュしてくれます。

しかも、このコーデでは、チュニック丈のシャツで完全に腰骨を隠してしまっています。

これで、似合わないと思っていたマーメイドスカートが着こなし可能になります^^

 

ちなみに、苦手つながりでいうと、このコーデは、苦手だと思っていた無彩色コーデなんです。

モノトーンって、白黒パキッとカッコいいものなので、憧れだけは強く持っていましたが、似合わないって思い続けてきました。(^_^;私は、コントラストが苦手なので、白黒ではなく、グレーから黒のグラデーションだったら、似合わせ可能なんですよね。

自分に似合う色味がわかるようになったら、無彩色も抵抗なく取り入れられるようになりました^^

とはいえ、血色が悪くなるので、色のカバーは必須です。この日はイヤリングに真っ赤なチェリーをさしてます♥

 

 

ロングシャツチュニックってどんなシャツ?

 

 

こちらは、GUで発売されたものですが、丈の長い黒のプレーンなシャツです。オーバーサイズの黒シャツというイメージです。
丈の長さがおしりが隠れるくらいあるので、チュニックという名前がついてるのだと思います。

40代に嬉しい長さですよね(笑)

 

ポイント1)素材

薄手です。

シアーじゃないのと、黒なので下うつりはしません。コットン100%。骨格ナチュラルにも着こなせる素材v

モノによっては似合わせづらいポリエステルの服は躊躇してしまいます。

 

薄手なので、サクッと羽織れるし、冬は下に着込むことができます^^

 

ポイント2)サイズ感と丈の長さと形

私はMサイズをチョイスしてこの長さです。

お尻が隠れるチュニック丈で、抜き襟してたらさらに後ろが長くなります。

おそらく、SでもLでもそんなにヘンではないと思うんですが、ジャストサイズってことでMサイズを選びました。

・・・というか、実はこの商品、難ありでワゴンに入ってました。何が難ありだったのかわからずに今に至ります(笑)Mサイズを試着して、OKだったので購入しました^^

 

袖はボタンが2つでカフスは大きめ。そんなデザインも遊び心があって、骨格ナチュラルに似合いそう。まぁ・・・シャツはきっと袖をまくって着ちゃうことが多いと思うんですけどね。(写真も全部まくってます(^_^;)

 

 

ボタンをはずしてまくってもいいし、ボタンをつけたまままくってもいい。
どちらにしても使いやすい^^

 

 

裾は深いスリットのような形なので、裾を見せるシャツとしてもアウターとしても美しいです。

 

ポイント3)カラー

ワゴン品だったので、選択の余地はなかったのですが、ブラックだから買ったと言えます。

私は純ブラックは苦手なんですよね。色負けるんです。。でも、コットンの黒は、濃いめのグレーのような色味になるので利用することが多いです。

どんな「黒」なのかを見極めることは重要です。「黒」だめ!って仕分けるのは簡単なんですけど、それじゃ選択肢が狭くなってしまいます(^_^;

 

着回しのコツ

薄手の長袖なので、春と秋に大活躍!

カラーがブラックなので、秋の方が出番が多いかもしれませんね^^チュニックという名前だけど、トップスよりも羽織りに使ってます。骨格ナチュラル的にはその方が使いやすいです^^キレイめにもカジュアルにも、シャツを羽織るとちょっとこぎれいになる感じがします。

薄手なので着る時期は短そうなので、この服は長年選手になりそうです。

 

まとめ

ここだけの話なので小声で話しますが、GUの服はすぐに毛羽立つものが多く、服を長年にわたって愛用する私でさえワンシーズンでおしまい!のものが多くあります。とはいえ、時々長持ちする、「頼りになる服」というのも存在します。

このシャツはもしかしたらそんな「頼りになる服」な1枚になりそう。とりあえず毛羽立っていないし、シンプルだし、着回しがきく。そんな服を増やしていきたいなぁと思います♪

スポンサーリンク





-■コーディネート2020

Copyright© 骨格診断ナチュラル×イエベ春 似合うおしゃれに出会うファッション街道 , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.