スポンサーリンク




パーソナルカラー

パーソナルカラー診断とは?

投稿日:2018年5月23日 更新日:

こんにちは!いけゆきです(^^♪
ご訪問ありがとうございます♪

コーデ記事がたまってきたところで
今更ですが、骨格診断に続いて、パーソナルカラーについても
私なりの見解を解説します(*^-^*)

スポンサーリンク




スポンサーリンク

 

パーソナルカラー診断診断とは?

 

色を春、夏、秋、冬の4タイプに分けます。

 

 

イエローベース、鮮やか系のスプリング

イエローベース、濁色系のオータム

ブルーベース、パステル系のサマー

ブルーベース、ビビッド系のウインター

 

ざっくりとこんな感じでしょうか。

パーソナルカラーとの出会い

 

私が初めてパーソナルカラー診断を受けたのは20代前半の頃。
友達と受けに行きました。

大きな鏡の前で、ドレープと呼ばれる色の布を当てて、顔色の変化を見ます。

パーソナルカラーの布を当てた時の明るい顔色と、
似合わない色を当てた時の顔色の悪さの落差!!

もう、本当にビックリしますΣ(゚д゚lll)

 

10代の私は、オシャレには全く興味がありませんでした。

でも、それは封印していただけで、憧れはあったのかもしれないと、
今なら思います‥。
オシャレをしてはいけないと思い込んでいたのかもしれない。
(理由は、もうちょっと自分で落とし込めたら語るかも?)

 

オシャレに無頓着な少女の着る服は、
黒、グレー、ネイビー、茶などの、いわゆる"無難"といわれるカラーの服ばかり。

目立ってはいけないとか、無難なカラーは合わせやすいとか
一種の洗脳じみた考え方ですね。

 

似合う人が着れば、オシャレなモノトーン。

しかし、私は鮮やかで明るい色が似合うスプリングタイプでしたので、
モノトーンはどちらかといえば苦手な部類だったんですよね・・・。

わざわざ、顔色を悪くする服ばっかり着てたんだな‥。

キレイな色の服を着るなんていうチョイスはなかったなぁ。

損してたよなぁ。

 

それからですね、色モノを買うようになったのは。
色モノを楽しむようになったのは。

 

今では、大胆な色をストールなどで顔まわりに持ってきても、
似合う色は「そんな色が似合っていいなー」「似合ってる!」などなど、
褒められることも増えました(^^)

うれしい限りです♪

 

黒に関するなぞは・・・

パンツでさえもカラスのような黒のパンツ‥

パーソナルカラーと出会う前、姿見の前でひとりファッションショーをしながら
「なんか似合わない。負けてる‥なぜ?」と呟いたことがあります。

その直感は間違っていなかったんだね。
そして、その謎が、まさかパーソナルカラー診断で解けるとは!
本当に侮れません。

 

結婚してから、しばらくは忘れていたパーソナルカラー。

忘れていたというよりは、色を見分けられないから、
生かせなかったという方が正しいかな。
子供が生まれてからは、オシャレよりも実用性重視でしたし。
ファッションからはかなり遠ざかっていました((+_+))

 

それが、骨格診断を知ったと同時にパーソナルカラーも復活!

この2つで、私のファッションが変わるかも!

楽しいかも!

と、思ったのです(^^)

 

パーソナルカラーがわかっても、ショップで自分が欲しい服が、
どのタイプかを見分けられないと意味がない。

そして、同じ黄色やオレンジを見ていても、
イエローベースのスプリングとオータムはなかなか見分けがつかないものも多くて(^^;;

ある程度落とし込みが必要かなと思っております。

 

毎日コーデする中で

スプリングだけを重視してもオシャレにはならないことを体感しましたので、
日々の研究でナチュラルタイプとスプリングの融合を目指しながら
ブログの更新に励みたいと思います♡

長文をお読みくださりありがとうございました(≧∀≦)

スポンサーリンク





-パーソナルカラー

Copyright© 骨格診断ナチュラルタイプ×パーソナルカラースプリングの取扱説明書 , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.