スポンサーリンク




オシャレについて

【着膨れ卒業!】着痩せする色とコーディネートを写真で解説!

投稿日:

自分のしたいコーディネートをしっかりと着こなしたい。けれど体型に自信がない、いつも着膨れしてるように感じてしまう、そう悩んでる方が世間に沢山いると思います。

そんなあなたでも、色使いを考えるコーディネートを変えるだけで着痩せしたり、スッキリとした体型に見せることが可能になるんです。

 

 

 

着痩せする色とは?

色には大きく分けて寒色と暖色が存在し、暖色系は膨張職、寒色系は収縮色とされています。では、どんな色をコーディネートに取り入れると、スッキリ着痩せコーデに見えるのでしょうか。

 

どんな色を使うと着痩せしてみえるのか???

 

黒を主役にする

まずは王道の黒色です。どのファッションどのコーディネートどのスタイルにも欠かせない黒色は引き締め効果No.1カラーです。カジュアルなイメージから大人コーディネートまでコーディネートのバランスを崩さずに着痩せをすることができます。

しかし、黒色が万能だからといって全身黒で統一すればいいというわけではありません。

全身を黒で統一してしまうとコーディネート全体が重たく見えてしまうので、トップスとボトムスのどちらかに黒のアイテムを使うことで、はっきりとスッキリしたイメージにすることができます。

 

寒色×濃い色

寒色と濃い色を合わせることで簡単に着痩せすることができます。

同系色を合わせることによる着痩せ効果とミックスして、ボトムスにトップスより濃い色を持ってくることで着痩せを簡単にすることができます。

引き締め色であれ、どの色とでも相性のいいネイビーとブルーを合わせる同系色コーディネートは着痩せ効果抜群です。知的にも見えますv

 

 

ネイビーは白色を引き締めるカラーとしても活躍するので、ジーンズ等に白のトップスを合わせるコーディネートでも配色だけで着痩せ効果抜群です。夏にスッキリジーンズに白のTシャツコーデはいかがですか?

 

 

 

同系色コーディネートの中で意外な組み合わせはピンクとパープルです。一見、重たい雰囲気がどうしても出てしまいますよね??

ピンクとパープルはスッキリまとめることができる同系色コーディネートの組み合わせのひとつです。ワンアイテムカーディガン等で合わせてみるのもおすすめですよ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

おおさわ(@_______osw)がシェアした投稿

 

 

ですが、ピンク色は注意が必要でアイテムを単体として使う場合、濃いピンクを選ばないと薄いピンクは膨張して見えてしまうので気をつける必要がありますので要注意を。

 

 

着痩せするコーディネートとは?

コーディネート次第でもスッキリ見せることができます!!

 

ゆとりのあるオーバーサイズを選ぶ

コーディネートのポイントはいくつかありますが、代表的なポイントはサイズ感です。特にジャストサイズには要注意です。

 

みなさん服を購入する際に自分にピッタリのサイズ感を選んでしまっていませんか??自分の身体に合ったサイズに少しゆとりを持たせることで服がストンと落ち、ゆとりを持たせることで肉感も減らすことができるのでスッキリしやすいです。

 

オーバーサイズがトレンドなので、トップス探しには困らないでしょう^^

 

 

縦ラインを作る

同系色のコーディネートで上下を合わせジャケット、カーディガン等で、身体の真ん中に同じ色味の一本線を作ることも視覚的に縦のラインができるのでスッキリ見えます。

 

人の視覚は縦向きの物と横向きの物二つの同じ物を見た時に縦向きの物を長く感じやすいというフィック錯視という効果を持っています。この効果を利用して縦のラインを意識することがいいですね。

 

 

足長効果を狙う

腰から下ボトムスと靴を同じ色にすることで足を長く見せる効果もあります。また足首を見せることでよりシャープな印象を与えることができます。丈を変えるサイズ感を変えるだけで変えることでこれだけの変化があるのです。一度試してみてはいかがでしょうか?

 

エコー効果を狙う

視覚効果として挙げられるもう一つの技は、エコー効果というものがあります。

例えば丸首のトップスとVネックのトップスを着用した場合を考えましょう。エコー効果によって丸首のトップス着用時は輪郭に丸みのある印象を与え、Vネックのトップス着用時はより輪郭にシャープな印象を与えます。

↑丸首の柄インナー

 


↑Vネックのインナー

 

ワンピースやTシャツ、タイトなニットを着用する際、Vネックを着用しインナーとの色の違いをはっきりさせることで、よりこのエコー効果を大きくすることが可能です。

 

ワンピースの丸首は輪郭もそうですがボディラインに重く横に広い印象を与えてしまうので、Vネックで色味をできるだけ寒色のものにする、丈を意識することを気をつけましょう。

 

 

まとめ

ここまで色々と色とコーディネートによる着痩せや着膨れについて書いてきましたが、どれも実際に実践しようとして難しいことはありません。

高い服を着なければ・・・、本来あるべき自分のボディバランスを変えなければ・・・・、そういう問題ではないというところが大切です。

自分の着たい服を自分の生まれてきた身体でおしゃれに着こなす為には少しの工夫、少しの考え方の変化でまるで違うものに見せることも可能なのです。

このコーディネートは似合わない、合わせ方がわからない、自分のスタイルに自信がないという方は、まずコーディネートの色味から考えて、コーディネートに落としこんでみてください。

きっと自分の着たい服で理想的なファッション、スタイルを手に入れることができます!

色味と、コーディネートでファッションを変え自分自身のスタイルまでも変え、いつもより少し自信のある自分で街に繰り出しましょう!

スポンサーリンク





-オシャレについて

Copyright© 骨格診断ナチュラルタイプ×パーソナルカラースプリングの取扱説明書 , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.